初心者でも出来る車用炊飯器

トラック自炊
スポンサーリンク

この記事では現役長距離ドライバーが実際の経験をもとに、トラックでの自炊を始める方法や便利な道具など車内の狭い空間のなかで初心者の方でも簡単にできる方法などを分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

便利な車用炊飯器

車用の炊飯器とは

車用炊飯器とは12v/24vの電源で使える車専用の炊飯器です。主にシガーソケットに差し込むタイプになってい、ご飯を炊くための電力をとる事ができます。

炊飯器も外国製の安いものから日本製の高いものまでありますが、基本的にあまり違いはないと思います。

私が実際に使っているものも一番安い中国製で4年くらい使っていますが、まだまだ壊れそうにないです(*^^*)日本製にこだわりがないという方は使ってみてはいかがでしょうか(‘ω’)ノ

炊飯器があると節約になる

最近は、物価高騰のため1食あたりの食事代がとにかく高いです。

そのために1食たべなかったり、量を減らしたりと我慢する事もあると思うます(T_T)

ですが、ご飯を炊くことによっておかずだけ買ったり、ふりかけご飯、卵かけご飯、冷凍庫など乗せている方はスーパーなどでお惣菜など買っておくなど毎月の出費が抑えられますので毎食しっかりと美味しいご飯を食べる事ができます。

炊飯器で毎日しっかりと美味しいご飯を食べて節約しましょう(^^)v

炊飯器の使い方

お米は洗わなくていいの?

洗わなくて大丈夫です!(^^)v

昔はお米を洗わないといけませんでしたが、今は無洗米という洗わなくてもいいものがありますので大丈夫です(^^)v

炊飯器に付いている計量カップで1カップにつきお水を1のメモリまで入れて、スイッチを入れるだけで簡単に炊くことができます。

ご飯が炊けると自動的に保温に切り替わり、温かさを保ちます。

ご飯を炊いてる状態
保温に切り替わった状態

ですが、実際にはご飯が炊けて長い時間放置しておくと底の方からガチガチに焦げて硬くなってしまうので、ご飯が炊け終えて10分くらい蒸らし終わったらシガーソケットを抜いて電源を落としておくことをお勧めします。

お手入れ方法

お手入れ方法はとにかく簡単です。わざわざ洗いに行く必要はありません。

アルコール除菌シートで中のお釜と蓋の中蓋を拭き取るだけで十分だと思います。

実際に私は4年間ずっとそれでカビなどもなく、キレイなままなので問題ないと思います。(^^)

走りながらご飯は炊けるのか?

走りながらでも炊くことができます。お米と水を入れてセットしておけば、あとは走りながら休憩時間30分くらい前にシガーソケットに電源を入れてあげればOKです。

普通に家庭では動かない場所に置いて使ってますので、動きながら炊けるのか分からないという方もいると思います。私もそうでした^^;

実際にやってみて問題ないと分かりました(>_<)

ドライバーは時間に余裕がない方がほとんどなので、走りながら炊けるのは本当に良かったです(^^)v

お店がなくてもとりあえずはご飯が食べられる

やっぱりどこでもご飯を食べる事が出来るのは、すごいメリットだと思います。

ドライバーのお仕事は、いつも同じ時間に同じ場所とは限りません。

中にはそういった運送会社もあるかもしれませんが、そうでないところは必ず同じとは限りませんので時間と場所を気にしないでいいというのは、大きなメリットだと思います。

他には、ドシャ降りの雨が降っている時など車から出たくない時ありますよね(-_-;)

そんな時、ご飯があるだけでほんとに助かります。!(^^)!

先ほども書いてたとおり、ふりかけや卵かけごはんもそうですが、今はご飯に混ぜるだけの牛ガーリックライスとかビビンバなど混ぜるだけで豪華なご飯が出来る物まであります。

こういったことからご飯があるだけでストレスなくお仕事も出来るんじゃないかと思います。

まとめ

いかがでしょうか(*^^*)

  • 車用炊飯器は初心者の方でも簡単にご飯を炊くことができる
  • お手入れも簡単で、除菌シートで拭くだけでOK
  • 走りながら炊けるので、時間にも場所にも左右されることなく美味しいご飯を食べられる
  • 節約効果も大きいので、お財布にやさしい

炊飯器があるだけで毎日美味しいご飯を食べる事ができ、少しずつ時間とお金に余裕ができてくると思います。

節約を考えている、時間に追われるドライバーにとって少しでも参考にしてもらえればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

炊飯器を買うか検討している方は、これを機に購入してはいかがでしょうか(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました