トラック飯で洗い物を出さない工夫4つ😲

トラック自炊
スポンサーリンク

こんにちは、現役長距離ドライバーのでかあんちゃんです。

トラックで自炊をする時にいちばんデメリットなってくるのが洗い物。

そんな面倒な洗い物をこの記事を読むことで、毎日トラック飯につかう炊飯器、しゃもじ、フライパン、食器などを、すべて洗わなくていいようになります。

簡単に言いますと除菌シートやアルミシート、ラップなどを使ってよごれないようにする工夫するということです。

トラックでごはんを作っても、実際に洗い物ができる所というのはほとんどありません。

そういったことを考えるだけで自炊なんて嫌になります。😭

なので、洗い物は出さないようにする工夫をすることで自炊をやりやすくしようと思ったわけです。

それでは私が毎日やっている洗い物を出さないための工夫4つ詳しく書きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

炊飯器を洗わないでいい工夫

白米を炊くだけなら除菌シートで拭くだけでじゅうぶんです。

炊き込みご飯などをしてしまうと、どうしても油がついてしまって洗剤を使わなければおちないですが、白米だけならキレイにふきとることができます。

ふたも水蒸気がついてるだけなので、除菌シートやティッシュでキレイになります。

しゃもじの洗わないでいい工夫

しゃもじも除菌シートなどで拭くのもいいんですが、ラップなどで包むことでよごれないようにできます。

熱につよいラップなら、炊き立てご飯でとける心配もありません。

使い終わったらはがしてすてるだけなので、時間もかからず楽です

フライパンの洗わないでいい工夫

フライパンはフライパン用アルミシートがオススメです。

ロールになってるくっつかないアルミシートもいいのですが、煮物などの汁があるものはこぼれて汚れてしまいます

フライパン用アルミシートはフライパンの形ができてますので、汁などがこぼれて汚れる心配がありません。

調理が終わりアルミシートを取ると、フライパン自体は汚れずキレイなままです。

食器の洗わないでいい工夫

100均などで売ってる少しあつめの食料保存用のビニール袋をオススメします。

ツルツルとした透明の物がいいです。半透明のシャカシャカした物は安いですが、食べにくいです。

食器の大きさに少したるみが出るくらいがちょうどいいくらいです。

こちらも食べ終わってビニール袋をはがしてみると、食器自体はキレイなままです。

まとめ

いかがでしょうか、トラック飯では必ず出る洗い物4つを洗わないでいいようにしてます。

このように簡単な工夫をすることで、面倒な洗い物を回避できれば自炊をするのも

楽になり、時間の短縮にもなります。

ドライバーで自炊をされる方のすこしでも参考にしてもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました